大勢の友だちと一緒に会話をしたいときにはオープンチャットとLINEグループのどちらを作成したほうがよいでしょうか。

今回の記事ではオープンチャットとLINEグループの違いをご紹介します。


目次


オープンチャットとLINEグループの違いは?

オープンチャットとLINEグループはいずれも複数人で会話するための機能ですが、使える機能には大きな違いがあります。

オープンチャットは匿名にできる

オープンチャットでは参加するオープンチャット毎に表示する名前・プロフィール画像を設定することができます。

一方でLINEグループはプロフィールに設定し、普段使用している名前・プロフィール画像のまま参加することになります。LINEグループのメンバーリストから個別に友だちになることも可能です。よく知らない相手にLINEグループに誘われたときには注意したほうがよいでしょう。

オープンチャットは通話できない

LINEグループでは通話・ビデオ通話ができますが、オープンチャットでは通話は一切できません。通話できる親しい間柄であればLINEグループを使用するとよいでしょう。

オープンチャットは検索でき自由に参加できる

検索を許可している限りオープンチャットは検索でき、承認制でない限り自由に参加することができます。

一方でLINEグループは検索することができず、自由に参加することもできません。LINEグループに参加したい場合には、参加者に招待してもらう必要があります。

オープンチャットは5000人まで参加できる

オープンチャットは5人〜5000人まで参加できます。LINEグループは1人〜500人まで参加できます。大規模なコミュニティをめざす場合はオープンチャット一択となるでしょう。

オープンチャットとLINEグループのどちらを使うべき?

500人を超えるような大規模なコミュニティづくりをめざすならトークルーム検索機能や匿名でのやり取りが可能なオープンチャットがおすすめです。参加予定のメンバーが互いに本名を知っている親しい友だちであれば通話もできるLINEグループがおすすめです。

LINEコインの使い道は?チャージのやり方・無料の貯め方

次の記事を読む

LINEなら日程調整・アンケートが簡単!LINEの投票機能の使い方