LINEのタイムラインを使えば、友だちと気軽に楽しくコミュニケーションをとることができます。しかし初期設定のまま使っていると意図しない投稿をしているおそれがあり、注意が必要です。

今回はLINEのタイムラインに投稿する前に知っておきたい公開範囲、投稿できる内容についてご紹介します。


目次


LINEのタイムラインとは

LINEのタイムラインは友だちと気軽にコミュニケーションをとることができる機能です。

タイムラインに投稿したメッセージや写真などはリアルタイムにシェアされ「いいね」やコメントができるようになります。

LINEのタイムラインの公開範囲

LINEの公開範囲は友だち・全体公開・自分のみの3種類から選択することができますが、初期設定は「友だち」で友だち全員に公開されます。自分のタイムライン投稿が誰に見られているのか知っておきましょう。

気軽に押した「いいね」、友だちに見られているかも

通常、全体公開に設定されている投稿に「いいね」すると「◯◯(名前)がこの投稿を気に入っています。」とタイムラインに投稿されます。

「いいね」した投稿内容を友だちにシェアしたくない場合は「いいね」をする前に「タイムラインにシェア」のチェックを外す必要があります。

→タイムラインの「いいね」を非公開にする方法をチェックする

ブロックした相手に見られる?

公開範囲を「友だち」に設定した投稿はブロックした人や「知り合いかも?」に表示されている人には公開されないので安心してください。

しかし、公開範囲を「全体公開」に設定した投稿はプロフィール経由で誰でも見ることができます。ブロックした人や「知り合いかも?」に表示されている人に見られたくない場合は「全体公開」での投稿はやめましょう。

→「知り合いかも?」について詳しく知りたいときは「LINEの『知り合いかも?』が表示されるのはなぜ?削除したら相手にバレる?」をチェック

特定の友だちに対して公開・非公開を設定できる

タイムライン設定を変更して特定の友だちに対して非公開にしたり「親しい友だちリスト」を作成して特定の友だちのみに公開することができます。

うっかり「いいね」しても親しい友だち以外にシェアされないようにするには、親しい友だち以外の全員を非公開リストに移動しておくとよいでしょう。LINE画面からは非公開リストへの移動がバレることはありません。

→特定の友だちに対してタイムラインを非公開にする方法をチェックする

LINEのタイムラインに投稿できる内容

LINEのタイムラインに投稿できる内容をご紹介します。

テキスト

テキストメッセージを投稿できます。背景色やエフェクトも追加できます。

端末に保存している画像・動画

端末に保存している画像や動画を投稿できます。

新たに撮影する写真・動画

タイムラインを開いたまま写真撮影をし、撮った写真を投稿できます。用意されているフィルターを使えばお洒落な写真の撮影も簡単です。

アバターを作成していれば、アバターの写真を撮ることもできます。

→LINEアバターの作り方は「LINEアバターの作り方をご紹介!似ている顔も面白い顔も作れる機能」をチェック

GIF画像

端末に保存している画像でGIF画像を作成し投稿できます。投稿をタップするとGIF画像が再生されます。

LINEスタンプ

LINEスタンプを投稿できます。サウンドスタンプ、アニメーションスタンプ、ポップアップスタンプも投稿でき、投稿をタップするとサウンドやポップアップアニメーションが再生されます。

LINE MUSICの楽曲

LINE MUSICの楽曲を投稿できます。無料で投稿できますが、別途LINE MUSICアプリのインストールが必要です。投稿をタップすると楽曲の一部が再生されます。

位置情報

任意の場所の位置情報を投稿できます。自分の現在地はもちろん、任意の場所を検索して位置情報を投稿できます。

LINEコインの使い道は?チャージのやり方・無料の貯め方

次の記事を読む

LINEで自分のタイムライン投稿を非公開にする方法