メルカリを退会するには退会申請が必要ですが手続きの方法はわかりにくくなっています。

今回はメルカリの退会方法をわかりやすくご紹介します。「退会申請のフォームが見当たらない」「退会申請できない」と困っている人はぜひ参考にしてください。

また、退会後にメルカリの利用を再開したいときの再登録方法も知っておきましょう。


目次


メルカリの退会方法

メルカリを退会するには退会申請が必要です。退会申請は「お問い合わせ」を利用しておこないます。

  1. 出品中の商品があれば全て削除する
  2. メルペイ支払い用銀行口座・iDの登録をしている場合は情報を削除する
  3. マイページの「お問い合わせ」をタップする
  4. 「お問い合わせ項目を選ぶ」をタップする
  5. 「アプリの使い方やその他」をタップする
  6. 「退会したい」をタップする
  7. 「お問い合わせする」をタップする
  8. 必要事項を記入し退会申請する

▼退会申請は「退会したい」の「お問い合わせする」でおこなう

メルカリで退会申請する画面

メルカリの退会申請ができない原因

エラーメッセージが表示されメルカリの退会申請ができないときは次の原因が考えられます。

取引中・取引直後だから

現在取引中、もしくは自分が出品者で取引直後の場合は退会申請できません。商品売却、もしくは最後の取引メッセージを送受信してから2週間経過(いずれか遅い日から起算)したら改めて退会申請しましょう。

振込申請中だから

振込申請中で口座への振込が完了していない場合は退会申請できません。口座への振込を確認できたら改めて退会申請しましょう。

メルペイスマート払いで未払いがあるから

メルペイスマート払いを利用中で未払いの代金がある場合は退会申請できません。全て清算できたら改めて退会申請しましょう。

なお、メルペイスマート払いの定額払いを契約している場合は全て清算の後、別途メルペイスマート払いの定額払いを解約する手続きが必要です。

メルカリ退会後の再登録方法

メルカリ退会後も簡単に利用を再開できます。規約上、メルカリで使用できるアカウントは生涯1人につき1つのみであるため、利用再開時には過去に使っていたアカウントを復活させることになります。

新規登録ではなくログインする

メルカリ退会後もメルカリには個人情報が保管されたままになっているため、メルカリの利用を再開したいときは新規登録ではなくログインします。メルカリ退会前に使用していたメールアドレス(または電話番号)とパスワードを使ってログインしてください。

  1. メルカリのアプリをインストールする
  2. 画面下部のメニューからマイページを開く
  3. 「会員登録・ログインへ」をタップする
  4. 「こちらからログイン」をタップする
  5. メルカリ退会前に使用していたメールアドレス(または電話番号)とパスワードでログインする
  6. 「メルカリ会員を退会されています。復活しますか?」の画面で「はい」をタップする

<パスワードがわからない場合はどうする?>

パスワードがわからない場合はパスワードの再発行をおこないましょう。会員登録・ログイン画面で「パスワードを忘れた方はこちらから」をタップし、メルカリ退会前に使用していたメールアドレス(または電話番号)を入力します。入力したメールアドレス宛に送られるパスワード再設定メールからパスワード再発行の手続きができます。

<メルカリ退会前に登録したメールアドレス・電話番号を現在使用していない場合はどうする?>

メルカリ退会前に登録したメールアドレス・電話番号を現在使用していない場合はメルカリ事務局に連絡し、情報を更新してもらいましょう。マイページの「お問い合わせ」から連絡してください。ログインしていなくても「お問い合わせ」は利用できます。本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)の添付が必要となりますので予め準備しておきましょう。

誤って新規登録した場合はメルカリ事務局に連絡する

1人で複数のアカウントを登録することは「メルカリアカウントの不正利用」と見なされるメルカリの禁止行為です。メルカリ事務局に見つかった場合、故意でなくても利用制限を受けるおそれがあります。最も重い処分であるアカウント無期限停止になると二度とメルカリを利用できなくなります。

メルカリの利用再開時に誤って新規登録してしまったら、速やかにマイページの「お問い合わせ」からメルカリ事務局に連絡し、アカウントを1つに戻す手続きをしましょう。

▼誤って新規登録したらマイページの「お問い合わせ」で連絡

メルカリでアカウント再登録について問い合わせする画面
メルカリでの値下げの断り方・例文をご紹介

次の記事を読む

LINEのKeepとは?メモして保存・共有できるストレージ機能が便利