メルカリで購入した商品が説明文・画像と違ったとき、返品できるのか気になる人は多いと思います。実際に当事者となり、現在進行中で焦っている人も安心してください。基本的に、メルカリで返品は可能です。

今回はメルカリで返品する方法をご紹介します。取引メッセージ例もご用意しましたのでぜひ参考にしてください。


目次


メルカリで返品はできる?

メルカリでは全ての商品が返品できるわけではありません。返品できる条件を確認しましょう。

出品者の同意があれば返品OK

届いた商品が説明文と違ったときには受取評価をする前に出品者に対して返品の希望を伝えましょう。メルカリでは出品者の同意があれば返品が可能です。

返品できるのは返品する正当な理由があるときのみです。「イメージと違った」「不要になった」などの自分勝手な理由による返品はできません。

返品拒否・無視されたときは事務局に相談を

メルカリは個人間取引であるため、出品者・購入者間で問題解決に向けて話し合います。話し合っても問題解決できないときにはメルカリ事務局に相談しましょう。

返品希望の場合は、返品する正当な理由があるにもかかわらず出品者に返品を拒否されたとき、数日待っても返信がない(無視されている)ときに事務局に相談してください。

なお「商品説明文に返品不可と書いてある」「商品説明文にノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセルと書いてある」という出品者の言い分には正当性がありません。「商品に問題があっても返品に応じないという記載をすること」はメルカリで禁止されている行為のひとつです。毅然と対応しましょう。

返品する前にやること

メルカリには返品専用の機能はありません。取引メッセージを利用し、返品手続きを進める前にやることをご紹介します。

出品者に返品の同意を得る

先にご説明したように、返品には必ず出品者の同意を得ることが必要です。同意を得ずに一方的に商品を返送してはいけません。

出品者に送る取引メッセージ例

(例)こんにちは。先ほど商品を受け取りました。商品を拝見したのですが◯◯であり××様が商品説明に記載されていた△△とは異なりました。返品させていただきたいのですがご対応いただけますでしょうか。

返品にかかる送料をどちらが負担するか話し合う

返品にかかる送料を出品者・購入者のどちらが負担するのか話し合います。メルカリでは送料の負担については「お客さま間でお話し合いのうえお決めください」となっており、メルカリ事務局から指示されることはありません。基本的には不手際があった者が負担するのがよいでしょう。

なお、返送時には配送状況を確認できる追跡サービス付きの配送方法を選ぶのがおすすめです。

出品者に送る取引メッセージ例

(例)返品に同意いただきありがとうございます。着払いでお送りしてもよいでしょうか。

匿名サービス利用中の場合は本名・住所を聞く

らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便など匿名サービスを利用して商品が届いた場合は返送先となる本名・住所を教えてもらう必要があります。

出品者に送る取引メッセージ例

(例)恐れ入りますが返送先として記載する本名と住所をご教示いただけますでしょうか。よろしくお願いします。

メルカリで返品する方法

  1. 商品を受け取ったときの状態に戻し、返送する
  2. 出品者に返送したことを連絡する(到着予定日、追跡番号、着払い送料など)
  3. 出品者から受け取る「キャンセル申請」に同意する
  4. メルカリ事務局の取引キャンセル処理を待つ

メルカリで返品したいときの注意点

メルカリで返品したいときの注意点をご紹介します。

受取評価をしない

メルカリでは受取評価の完了は取引完了を意味します。必ず受取評価をおこなう前に商品に不備がないか確認しましょう。

1日置きを目安に取引メッセージを送る

商品発送後、一定期間取引の進行がないと事務局から取引進行を促すお知らせが届きます。お知らせ内容を無視すると、強制的に取引完了のステータスに変えられてしまうおそれがあります。

取引進行中であることをメルカリ事務局が把握できるように出品者に対し定期的に取引メッセージを送りましょう。「返品対応中です」の一言だけでもOKです。3日以上連絡が途切れないように、1日置きを目安にメッセージを送っておくと安心です。

メルカリでの値下げの断り方・例文をご紹介

次の記事を読む

メルカリでネコポスを使うには?箱や送り方をご紹介