メルカリで即購入はマナー違反だと非難され困惑したことはありませんか。即購入の意味を知らずにメルカリを利用しているとトラブルに巻き込まれるおそれがあるので注意しましょう。

今回は即購入に関して覚えておきたい基本的なことをご紹介します。

<早わかり!この記事のサマリー>
・即購入はマナー違反ではない
・「即購入禁止」「即購入不可」の強要はメルカリのルール違反
・マイルールを強要する出品者との取引はトラブルを生むおそれがあるので注意

目次


即購入はマナー違反?

「即購入」は商品ページでコメントや交渉をせず「購入手続きへ」のボタンを押すことです。

出品者によっては即購入を嫌い、商品ページやプロフィールに「即購入禁止」「即購入不可」と記載していることがあります。また、即購入した購入者が出品者に「即購入はマナー違反」だと嗜められることもあるようです。

しかしメルカリの公式ガイド・マナーガイドによれば「メルカリは最初に購入した方と取引する仕組み」「コメントなし購入禁止はルールにはない」ため、即購入はルール違反でもマナー違反でもありません。

「即購入禁止」「即購入不可」と書く理由

出品者が「即購入禁止」「即購入不可」と書く理由としては2つ考えられます。

  • 他のサイトで同時出品しており、在庫を確認したいため
  • コメントから購入者のマイページを辿り評価やプロフィールを確認したいため

トラブルに巻き込まれないように購入は慎重に

「即購入禁止」「即購入不可」はマイルール(独自ルール)です。マイルールを強要する出品者との取引はトラブルを生みやすくなります。商品ページやプロフィールにマイルールを記載している出品者との取引は避けるのが無難です。

即購入に関するQ&A

即購入する前にコメントは必要?

即購入する前にコメントをする必要はありません。

メルカリルールに従わず、商品ページやプロフィールに「即購入前にコメントをください」と書いてある出品者・出品物には注意してください。

即購入した後の挨拶は?

即購入の場合も即購入でない場合も取引開始時に挨拶をすると出品者に良い印象を与えることができます。取引メッセージを利用して挨拶をしましょう。

即購入にあたり送るべき特別なメッセージはなく、普段通りの簡単な内容で問題ありません。

<例文>
はじめまして。購入させていただきました。取引終了までよろしくお願いいたします。

「即購入禁止」を理由に取引キャンセル申請されたときにはどうする?

「即購入禁止」はマイルールなので、即購入禁止を理由とした取引キャンセル申請は購入者への迷惑行為とみなされます。購入者が取引キャンセルに応じる必要はありませんが、トラブルを避けるためには「出品者都合」での取引キャンセルを検討してもよいかもしれません。

取引キャンセルの成立には出品者・購入者双方の同意が必要です。手間を惜しまないのであれば取引キャンセルに応じる前にメルカリ事務局に違反報告をしてもよいでしょう。マイルール強要の迷惑行為により、出品者はメルカリ事務局から警告や利用制限のペナルティを科される可能性があります。

メルカリでの値下げの断り方・例文をご紹介

次の記事を読む

メルカリでコメントを削除する方法は?