今回はLINEのプロフィールデコレーション機能の使い方をご紹介します。機能を使いこなして友だちの印象に残るプロフィールを作りましょう。


目次


プロフィールデコレーションとは

プロフィールデコレーションはプロフィールをもっと自分らしく、個性豊かに編集できる機能です。スタンプを押したり、背景にエフェクトを追加したり、手書きの文字を加えたりとプリクラの落書きのように楽しめます。

いろいろデコってみた例

なお、プロフィールデコレーション機能に対応しているのはiPhone6s/6s Plus以降の端末です。iPhone6やiPhone5sなど2014年以前に発売されたモデルを使っている人はデコることができません。

※AndroidだとIntel系CPU(x86)端末(例:ASUS ZenFone シリーズの一部端末)ではデコることができません

プロフィールデコレーションのやり方

  1. ホームに表示されている自分のプロフィール画像をタップする
  2. 「デコ」をタップする
  3. 背景画像にアイテム(スタンプ・テキストなど)を追加する
  4. ストーリーに投稿しないときには「ストーリーに投稿」のチェックを外す
  5. 「保存」をタップする

プロフィールデコレーションで使えるアイテム一覧

プロフィールデコレーションで使えるアイテムをご紹介します。

プロフィールテーマ

プロフィールテーマは予め用意されているテンプレートです。バリエーションが少ないのが難点ですが、プロフィールテーマを使えばこまかなデザインを考える必要なく、簡単にデコレーションができます。

プロフィールテーマ使用例(左)とプロフィールテーマ選択画面(右)

スタンプ

端末の絵文字や所持しているLINEスタンプを押すことができます。使えるLINEスタンプは限定的で、LINEとBT21の公式スタンプ、クリエイターズスタンプです。大半の公式スタンプは押すことができません。

スタンプ使用例(左)とスタンプ選択画面(右)

カウントウィジェット

任意のイベントまでのカウントダウン、イベントからの経過日数を表示することができます。任意のタイトルを入れることで友だちに知ってもらったり、あえてタイトルを入れないことで記念日を匂わせたり・・・なんていう使い方もできます。

カウントウィジェット使用例(左)とカウントウィジェット選択画面(右)

写真フレームウィジェット

端末に保存されている写真をフレームでデコって貼り付けることができます。ペットの写真や趣味に関係する物の写真などを貼り付けるのがおすすめです。人物の写真を貼り付ける際には相手に了承を得てからにしましょう。

写真フレームウィジェット使用例(左)と写真フレームウィジェット選択画面(右)

SNSリンクウィジェット

Instagram、YouTube、Twitter、Facebookへのリンクを5件まで貼り付けることができます。閲覧数、フォロワー数を増やしたいSNSアカウントがあれば貼り付けておくとよいでしょう。

SNSウィジェット使用例(左)とSNSウィジェット選択画面(右)

テキスト

テキストを入力することができます。フォントを変更することはできませんがデザインと色(20色)を選ぶことができます。

テキスト使用例(左)とテキストデザイン選択画面(右)

アバター

別途作成したアバターを貼り付けることができます。本を読む動き、猫をなでる動きなど、プロフィール上で生き生きと動かせるのが魅力です。

エフェクト

背景全体に舞い散る雪や葉、流れる星などの動くエフェクトを適用することができます。1タップで簡単におしゃれな背景を作れるアイテムです。

エフェクト使用例(左)とエフェクト選択画面(右)

手書き

フリーハンドで落書きができます。ラインの太さを変更できない、ミスしたときに1つ前に戻れずやり直しになるなど使い勝手はよくありませんが、取り入れると個性を出せるアイテムです。

手書き使用例(左)とライン選択画面(右)
LINEコインの使い道は?チャージのやり方・無料の貯め方

次の記事を読む

LINEアバターの作り方をご紹介!似ている顔も面白い顔も作れる機能